そもそも営業マンとは

営業マンの極意

営業マン?物を売る仕事でしょ?」こんな声が聞こえてきそうですが、その感覚で営業という仕事に就いたらまず失敗します。確かに物を売る仕事なんですが、それは飽くまで業種の話であって、実際のところは少々違います。

Sponsored Link


物を売るのなら店舗販売員も同じ

ただ物を売るのならばお店・ショップ店員も同じですが彼らを「営業職」ではなく販売員と呼びます。何が違うのでしょうか。
単純に言いますと「何か良いものはないかな」と来店しているお客さんに物を売るのと、「特に検討もしていないし買う気もない」という人に物を売るのとでは天と地ほどの差があります。これがいわゆる「営業マン」であり、その売る力を「営業力」と呼んでいる訳です。

もう少し細かく言いますと「全く購入意欲のない人間」と常に関わり合うというのも営業マンの仕事と言えるでしょう。

Sponsored Link


企業と企業を結ぶ

ただモノを売るだけの仕事ではありません。直接他社と交渉する「企業同士のパイプ役」でもあります。先方からすれば、あなたの企業は「あなた自身」なのです。

逆に考えてみましょう。ある企業から「常識のない営業マン」が来たらどう思いますか。その企業そのものの体質を疑ってしまいませんか。あなたの立場はそれほどに重要であるのです。

営業は企業の大黒柱

利益を上げねば企業は成り立ちません。その利益は売上から捻出される訳ですが、その売上を叩きだすのが営業職です。そして会社の名前が入った名刺を渡す以上、社長よりも代表者としてとらえられてしまう立場なのです。

つまり企業にとって中枢となる部門なのです。これを無くして企業は成り立たないのです。もちろん製造や総務、事務なども企業にとって大切な部門ばかりです。

しかし最悪の場合、これらの部門はアウトソーシングで何とかなりますが、営業だけはそうはいきません。一から育て上げいかに優秀な営業マンを抱えているか否か、でその会社の未来が変わるほどの重要なセクターなのです。
自分の仕事に誇りを持てる数少ない職種だ、と私は断言します。

Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました