自信がないトークに現れる特徴とは

営業マンの極意

相手を見て自信を無くす、もしくは自分自身に自信をなくしている。そんな営業マンのトークに顕著に現れる特徴というものがあります。自分では気付いていないと思いますが、ちょっと録音して聴いてみるとよく分かります。一体どのようなものがあるのでしょうか。

Sponsored Link

自信のないトークに現れる特徴とは

  • やたらと早口
  • 目を合わせない
  • 話し方が単調

この3つが顕著に現れます。納得出来る方も多いのではないでしょうか。これらはもう諦めからくる症状です。つまり「こんな状態でいくら話しても成約などあり得ない」ということになります。
相手の顔色や態度、口調などから「もう無理」と決めつけてしまっている時、特にこのような状態になりやすいです。
自分が一番分かっていながら、どうしてもこうなってしまう事があるでしょう。そこでどうやったらそれが直るのか考え方を記していきます。

やたらと早口

 さっさと終わらせてしまおう、という気持ちがアリアリと見えてしまいます。相手にも必ずこれが伝わりますので、トークを止めて次に向かった方がマシです。

目を合わせない

 相手の顔色を見るのが怖い場合に起こります。「契約しないのにいつまでしゃべってるのか」という顔をしているんだろう、と決めつけてしまうとこうなります。

Sponsored Link

話し方が単調

 抑揚をつけて話すことが馬鹿らしい気持ちになってしまったらこうなります。相手は冷静なのに、こちらだけ一生懸命興味を惹かせようと必死なのが恥ずかしくなってくると、段々と単調になりがちです。
 以上を踏まえますと、どうすべきなのか分かるはずです。

相手の顔色や態度を気にするな

 売れない人の特徴に
「相手に翻弄されてしまう」
というものがあります。営業マンが相手に翻弄されていては売れるものも売れません。常に

  • 「一定の速度」
  • 「目を見て話す」
  • 「抑揚をつけて話す」

ということを徹底してトークをすることが「職人の技術」とも言えるのです。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました