営業マンにとって大切なスーツ、着衣など

営業マンの極意

スーツは清潔感にあふれていればそれでOK、という訳ではありません。実際にきちんとしている人間かどうかは別にして「この人は信用して良いか」を、着衣からの情報で印象付けられてしまいます。まずは見た目はかなり重要ですので、きっちりと抑えておきたいポイントばかりです。

スポンサードリンク

スーツはサイズがかなり重要

スーツの色目なども大事なのですが、最も重要なのは「自分の体のサイズに合っているスーツかどうか」なのです。これが出来ていない人は「スーツが似合っていない」様に見えているのです。実際は似合っていないのではなく、サイズが合っていないだけです。
ダボダボ、もしくは寸法が短いスーツはあまり良い印象を与えません。特にダボついているスーツは、何だかだらしない印象に見えてしまいます。「人間は中身で勝負」と言いますが営業は「外見勝負」です。

形もメリハリのきいたものを

2着で2万円のようなスーツの中にも良い物もあるのですが、出来ればお金をかけて3着ほどきっちとした形で、かつ自分の体型にきっちりと合った物を購入しましょう。
特に寸法やサイズが合っていないとそれだけでもう良くない印象を与えます。
これはスーツだけに限らず、普段着ている着衣にも言えることです。
オシャレに着こなす基本はサイズ感をまずは合わせる事。さすがに仕立てるのはお金がかかりますので、時間をかけて試着してなるべく自分に合ったものを購入しましょう。
私が好んで着ていたのは、腰の辺りがちょっと絞ってある様なタイプです。スタイルが良く見えるのでオススメですよ!

スポンサードリンク

清潔である事は当然絶対条件

言うまでもありませんが、シミがあったりホコリっぽかったり、色のくすんだようなスーツを着ていると第一印象でアウトです。これはスーツだけに限らず持ち物や髪の毛、顔の手入れや爪など全てにおいて共通事項です。

地味すぎず派手すぎず

基本的には派手すぎるものはNGでしょう。地味すぎてNGなんて事はありませんが、「地味」という言葉があまりよろしくないので、シンプルな色彩と柄を選ぶと良いでしょう。
相手目線に立ってみて「自分だったらこんなスーツ着てる奴は信用しにくい」と思うものを避ければ良いでしょう。ただ価値観のズレもあるでしょうから、「無地のダーク系色」で間違いないと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました