営業で売れる仕組みとは

営業マンの極意

店頭に並んでいる特売商品など良く売れますよね。「普段買っている商品が安い」のですから当然売れます。あと有名店も行列が出来る、とよくニュースになっています。「おいしい」と評判だからです。しかし営業マンが売るモノはそのどちらでもありません。さてどうしたものか。

Sponsored Link

3つの売れるポイント

以上の3点がポイントです。

お客様のニーズに合っている

 一番重要なことが「相手がどこにニーズを感じているのか」を察知し、そこに焦点を合わせて話す事が一番のポイントです。

例えば化粧品の営業で、お客様が「美白」に興味があるのに「シミ隠し」に焦点を置いて話しても売れる訳がありません。その為にはお客様がどういったところに興味を感じ、ニーズを抱いているのかを収集しなければなりません。

フロントや商品の説明をしながらそういった情報を収集し、サッと切り替えていくのがコツです。要するにいかに心を開かせるか、が大事とも言えますね。

Sponsored Link

商品の良さを100%理解している

 例えばこちらが「ここがポイントだ」と思って話していても、お客様が違う方に気を取られていて、全然聞いていない場合があります。そういう「トークの不備」を無くす必要があります。

当たり前の事ですが、いくら営業マンと友達だとしても、商品をきちんと理解し気に入ってくれていなければ、絶対に購入してくれません。どんな事を聞かれても100%的確に返す必要があります。練習あるのみです。

営業マンに信頼を置いている

 言うまでもありませんが、営業マンを信用していなければ、絶対に売れません。そんな事お構いなしに、優秀な実演販売員さながら、商品トークでニーズを与えて売るんだ!と意気込む人ほど売れません。

よしんば商品を気に入ってくれても、あなた以外の別の営業マンから購入するわ、なんて羽目になったりします。営業マンとしての必須のスキルですが、日常的な会話をしながら信頼を得るような話し方や言葉を選んで話す必要があります。
信頼を得るということは、不安材料が無くなるとも言えますので、これが一番重要かもしれません。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました