営業マンとしての最低限のマナー

営業マンの極意

営業マンとして、というよりもスーツを着て仕事をするならば、最低限のマナーが存在します。ほんの少しの気遣いや、気付かないような所にまで配慮が行き届いてこその営業マンです。もし当てはまる事項がありましたら、こういうマナーを徹底して実行に移してみましょう。

Sponsored Link

人から見られている事を忘れるな

当たり前のことでしょ?と思うなかれ。例えば「プライベートの車の運転」もそうです。プライベートだとはいえ、イライラしながらあまりよろしくない運転をしているところを、関係者や顧客に見られる可能性も大な訳です。
あなたが喫煙者ならば、歩きタバコなどもっての他ですし、道端に唾やタンを吐くのも絶対NGです。一旦外へ出たらそういう気配りが必要なのが「客商売の共通事項」なのです。
少し話が逸れましたが、仕事をしている中で気をつける部分などを説明していきましょう。

身なりには細心の注意を

例えば40歳も近い方が3つボタンの上着を着ているのをたまに見かけます。別に気にならない方も多いと思いますが、正直言ってオッサンが3つボタンはちょっと似合っていません。
いくら流行だとしてもあまりよろしくないと思います。営業をしていて100人中100人に好かれることなどあり得ません。しかしその中で「いかに自分を嫌う人を少なく出来るか」も営業マンの力の一つなのです。
ですので、オッサン、または老け顔の人間はノーマルスーツの方が絶対に良いです。ほんのちょっとした事ですが、1ヶ月、2ヶ月と長いスパンで考えれば、絶対にそうすべきだと思いませんか。

Sponsored Link

服、靴、サイズなど

  • あごの下の髭の剃り残し
  • ハンカチは清潔か
  • 靴は安物を履いていないか
  • ネクタイの結び目もちゃんとしているか
  • 腕時計もそれなりの物を
  • 爪はちゃんとしているか
  • フケは落ちていないか
  • 体臭・口臭は絶対に大丈夫か

数えればキリがありません。こういったことを必ず前日の夜、出掛ける前、プライベート・仕事関係なく徹底して出来なければ営業は務まりません。
そしてこれらは全て
営業力とは何の関係もない
のです。
まずはやれることを徹底していきましょう。

Sponsored Link

タイトルとURLをコピーしました