営業ってしんどい?

営業マンの極意

営業部長が「靴の底をすり減らして売ってこい」「何が何でもモノにしろ」「泣いて訴えかけろ」などのようにまるで地獄のようなイメージがある、と言う人もいます。そんなに辛く、やりがいのない仕事なのでしょうか。

Sponsored Link


まずイメージが悪い

 営業なんてめんどくさい仕事は無理だ、という声も聞こえてきます。例えば
「営業とはぺこぺこ頭を下げる仕事」
「営業とは相手の愚痴を聞く仕事」
のようなあまり良いイメージを持たない方も少なくないようです。
しかし先入観を持って仕事をしますと、ちょっと辛いことがあるとそのイメージ通りの疲れが出てきてしまうものです。
これが当たり前
と思っていれば当たり前なのです。だって、それが仕事なんですから。

Sponsored Link


しんどくない仕事なんてない

 月並みですが
しんどいのは当たり前」です。
ただ、しんどい箇所が
精神・心」なのか
身体」なのかそれとも
脳ミソ」なのか
仕事によって違うだけです。
身体が疲れる仕事は身体を鍛えて対応します。脳ミソが疲れる仕事は糖分を採ったりして対応します。つまり精神が疲れる仕事は、精神力を上げてストレス発散さえすれば良いのです。

営業は誇り高い仕事

 もう1つ知っておいて欲しいのは「営業職は誇り高い仕事」だということです。相手から「命の次に大事なお金」を出させる仕事なのです。こんなことが出来るのは営業だけです。
誇りを持って仕事をすれば、しんどさも吹っ飛ぶはずです。

Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました